2009年03月07日

地域活動

こんばんは

今日(3/7)は先週(2/28)にするはずだった村の池の清掃が雨続きのため
安全を優先して順延となり、朝からありました。そして、長靴を履き池に向かいました。

今日は、他の用事と重なり、優先順位を考えるとどちらもはずすことができず、
困ったなと思った時、長男が「池の掃除行くで」と言ってくれました。

嬉しいと感じたのですが、村の活動はなかなか若い人は出席せず、50~70歳ぐらいの方が多い中、息子を連れ要領だけを伝え、私は1時間ほどで帰りました。

本当は青年団とか若い方が掃除をしてほしいと感じました。流木があったり、足元が不安定だったりして今日は歩くのにも困難でした。

「早く帰れ」と息子の声に引き上げたのですが、若い人がもっと積極的に行動をとらないと・・・・・どう伝えたらいいのでしょうね。

年寄りの中で息子はどう感じたのでしょうか。



Posted by kumikochan  at 22:51 │Comments(2)

この記事へのコメント
牧野眞一です。

孝行息子さんですね。

お年寄りの中で、息子さんがどう感じたより、その輪の中に入って活動された功績を褒めてあげてください。

親が優秀なのだと、思っております。

子供達が、年頃になった時、どうなるか考えたら、不安ですよ、ウチの場合は・・・。

有り難う御座居ました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年03月09日 08:27
<牧野 眞一様>
失礼いたしました。ありがとうございます。
子供は親があたふたしていることを見抜いています。
田んぼも最近は手伝ってくれるようになりました。
それだけ私が年齢を重ね、労わる様になったのでしょう。
ありがとうございました。
Posted by 佐伯久美子 at 2009年03月10日 21:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。