2008年11月03日

こんばんは

父の急病の知らせで1・2日と実家京都へ帰っていました。

父は私の尊敬する人です。鉄鋼会社に勤めていましたが、

改善することが大好きで国から表彰されたこともあり

現在も絵画を子供達に教えています。

そんな父も昨年母が亡くなりなんとなく寂しそうに見えていました。

できることは、娘として心を尽くしたいと思います。

父さんの描いた絵は本当に癒されます。

彫刻は、強さが感じられます。早く回復してほしいです。

がんばれ!父さん!



Posted by kumikochan  at 22:18 │Comments(2)

この記事へのコメント
こんばんは。
お父さん、心配ですね。
念じれば伝わると思いますよ。

いつでもできること、今しかできないこと、色々あるかと思います。
たくさん念じて、回復をお祈りしましょう。
Posted by だいのぱぱだいのぱぱ at 2008年11月03日 22:39
<だいのぱぱさんへ>
いつもありがとうございます。
私が幼い頃は父がにがてで、いつも母といました。
結婚して仕事をするようになって父のすごさを知りました。
女ばかりの姉妹で父を理解できなかったのでしょう。
作業職で働くようになって父の偉大さを知り、相談したりして
かび臭いQCの本が送られてきた時にはびっくりしました。
たくさん念じて祈ります。
Posted by 佐伯久美子 at 2008年11月04日 20:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。