2009年10月25日

織田一彦さま

こんばんは

うちの社長のセミナーで講師としてはるばる山梨県から明石に来てくださいました。こんなすごい方に出会えてよかった!

織田さまはF3レースの監督です。
F3はF1の登竜門です。
故アイルトン・セナの記憶はレースの知らない私でも知っていました。
”命をかけてのカーレース”と思っていたのですが・・・
安全なスポーツとの事でした。

織田様の生き様がすごい!
52歳の彼の人生で心に雷が3度落ちたそうです。
レーサーになる!と決めたらその為に何をしたか。
無心に心差しを貫いた。
 
明確な目標を持ち、突き進む。

”今自分の100だと思える状態”

101でもダメ、99でもダメ

私も100思える状態を維持して必ず
結果を出していく。

エネルギーをいただきました。



Posted by kumikochan  at 22:15 │Comments(2)

この記事へのコメント
牧野眞一です。御世話になります。

素晴らしい話でしたね。

『やるって決めたら、やれるんだ』  『念じると、それに必要な人達と出逢える』

私は、この2つの言葉に、バキューンと、なりました。

私も、ジワジワと、そのようになっている気がします。

佐伯様、お洋服、素敵でしたよ。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2009年10月28日 08:54
<牧野眞一さま>
コメントをいただき、ありがとうございます。
お返事が遅くなり本当に申し訳ありません。
「やると決める」すごい方でしたね。
アチーブメントの話も2次会で話されていました。
共鳴した。その時もかみなりが落ちたそうです。
私もかみなりが落ちて、前進モードに入っています。
ありがとうございました。
Posted by 佐伯久美子 at 2009年11月04日 22:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。