2009年03月20日

心やすらか

こんばんは

「自分を知る」を体験しました。
本当の自分はいつも正当づけいい子になろうとしていた。
自分の姿は鏡に写せる事はできるけれど
心はどんな道具に写せるのか。
それは、他人様の眼に映るのです。
鏡がしゃべらないように、他人様も
「ここが、だめよ」などとは誰も言ってくれません。
鏡は姿を写しますが、他人様は取り繕うだけで
本音は言わず、そこからいなくなるだけ。
裸の自分になることで、他人様の姿が見え
自分が見えてくる。
素直に振り返ることで、心やすらかになれる。

自分を見つめる時間をいただいたことに
感謝です。  


Posted by kumikochan  at 00:26Comments(7)